遺品整理でよくご利用いただくお仕事

相続放棄と遺品整理/埼玉・東京・千葉・神奈川

遺品整理

相続放棄しても故人の賃貸保証人の責任は残ります

故人が借金を抱えていたら、相続人全員が相続放棄をすれば、預金などの財産も受け取ることはできませんが、故人の借金を逃れることができます。
相続放棄は、相続を知った日から3か月以内に手続きをとります。相続放棄を行う親族の多くは、故人がクレジットや銀行からの借り入れが多い場合です。相続放棄を行っても相続人が処理をしなくては、お金のかかるケースがあります。
それは、故人が借りていた賃貸住宅や車の駐車場の保証債務です。例えば、亡くなった方が、息子さんと仮定します。息子さんが借りているアパートと駐車場の保証人が、親や兄弟などの親族の場合です。部屋に残っている遺品や車は、当然故人の物ですから、相続放棄すれば、相続人は、原則関与できず売ることもできません。そのまま放置することになります。
ここで、問題になるのが、賃貸契約の際の連帯保証人です。連帯保証人は、相続放棄しても賃貸契約の保証人を放棄したことにはなりませんので、部屋に荷物があると家賃が当然かかります。借りている駐車場も車がある限り賃料はかかり、連帯保証人である親や兄弟に請求が行われます。
本来、相続放棄をした場合は、故人の家財や車を私たちに依頼して廃棄してはいけないのですが、明け渡しに支障が出て保証人に家賃の負担がかからないために、ご遺族の方は、ご自分のお金から片付けを依頼します。この時の注意ですが、故人が価値のあるものを所有していた場合は、債権者から「○○」は、どうしたと追及されることも考えられますので、取扱いを慎重に行います。片付けて処分する場合は、当店では、古物免許の管理者が資産明細書に資産価値0円として写真添付して依頼人の方にお渡しし、保管していただいております。

車の廃車についての問題

車は、ローンの残債が残っている場合は、車検証に所有者の欄にローン会社や車屋さんの名前になっていることが多いようです。この場合は、記載の所有者に引き取っていただきます。比較的新しく資産価値があれば、手を付けることはできません。しかし、古い車の場合は、解体処分することが可能です。
車は、相続人が相続し名義変更を行わない限り、廃車も売却もできません。相続放棄したなら、名義変更できません。そこで、解体して放置することで解決しますが、当然、自動車税などは、発生します。相続放棄したのですから、こちらの税金も放置します。

会社・店舗案内

(屋号)片付け屋ライフサービス&家財整理Dcy

お問合せは、全店共通で048-443-6655でお受けしています
運営|一般社団法人家財整理センター
【首都圏本部】東京都北区赤羽1-7-9 赤羽第一葉山ビル4階
【本店】埼玉県入間市上藤沢881-1
【営業基地】
お近くの基地よりお伺い
入間本店・北区首都圏本部・所沢店・板橋店・川口店・さいたま店・練馬店・市川店・松戸店・桶川店・横浜店