家財整理で多くご利用のお仕事

生活保護者の家財処分/埼玉・東京・千葉・神奈川

目立たない箱トラック

埼玉・東京・千葉・神奈川の家財処分は、積極的にお見積りにお伺い

生活保護受給者の方が高齢で要介護認定を受け特別養護施設などに入居すると、住んでいた家財を処分し、借りていた住居を引き払います。この際の家財処分に必要な費用は、通常の保護費と別に家財処分料として別会計で賄われます。家財処分は、ご本人が生前中であることが条件ですから、注意しましょう。
家財処分を私たちのような専門業者に依頼する場合、一部の例外を除いて、3社の業者から見積もりをとりやすい見積もりを出された業者に依頼されます。
当社では、市区町村の家財処分は、積極的に日時調整を行いお見積りに参加しております。ケースワーカーさま、お身内の方は、是非お声をかけてください。

お問合せ

当社では、048-443-6655 全店共通・年中無休。メールでのお問い合わせは、専用フォームからお願いします

遺品整理・家財整理・生前整理の総合ページは、下記をクリック
遺品整理・家財整理について、作業や料金から依頼のポイントまで、詳細にご案内しています。

依頼の仕方は、2つあります。

福祉課の担当者が家財処分の手配を行うケース

お世話するお身内がいない方やお身内がいても遠方であったりする場合は、お世話をするケースワーカーさんが、業者の手配から明け渡しの手続きを行います。この場合も業者さん3社から見積もりをとり比較し、お安い業者に依頼を行います。

お身内の方が、家財処分の手配を行うケース

役所の方針は、お身内の方に家財処分の手配と明け渡しのための手続きを行っていただく方針のようです。この場合は、お身内の方は、業者の手配から立ち合い、不動産管理会社へのカギの返却と明け渡ししまで行います。業者さんから見積もりをとるのも当然3社からです。

お身内の方が、業者から見積もりをとる時の注意

意外に見積り3社を揃えるのに苦労されているようです。生活保護受給者の家財処分と話をすると良い返事をいただけるのが少ないからです。経験がない業者も多くおります。経験しても支払いは、指定の用紙に記入し、支払日は、事前にわかりません。
役所の都合で行われます。また、3社見積もりですから、高い料金ですとお仕事になりません。このようにすべて良い返事がいただけなく、見積もりも3回立ち会わないといけないため時間もかかります。そこでお身内の中には、生活保護をいわずに見積もりを依頼する方もおりますが、これは、見積もりに来た時に話すと嫌な顔されることもあるので、必ず、電話で生活保護の方であることを話、喜んで来ていただける業者を選びましょう。詳しくは、役所の家財処分をスムーズに進めたいお身内の方は、こちらの手引きを参考にしてください。

市区町村さまからご依頼の家財処分事例ご紹介

【事例】荒川区の生活保護者の家財処分は、夜間作業でした

荒川区の家財処分は、明日お願いしますと言われ、夕方から作業になりました

生活保護受給者の家財処分は3社見積もりでお安いところにご依頼されます。見積書を提出して急ぎだからといっても決定の通知をいただくまでは、スケジュールを組むことは、できません。今回のケースでは、確かに見積りを行ったときに、お客から、今月中に片付けることができますか、と確認されましたので、まだ、月末までに15日もありましたので、はい、大丈夫と答えました。これが、事件のきっかけになりました。

こちらでは、その後なんの連絡もないので、少しは、気になっていたのですが、他社に依頼したのではないかと、スケジュールを埋めていました。すると、お客さまから、決裁が下りたので、明日片付けてほしいとの連絡が入りました。

こちらは、スケジュールが一杯で、今日の明日では、無理ですと話すと、先方から、猛反発です。見積もりに来た時、「今月中できますか、と、確認したではないですか」。「確かにそうですが、今日決まったから、明日片付けは、無理ですよ。」と反発したが、先方も一歩も引かないので、結局、他のお客さまの仕事を終えて、スタッフは、残業で夕方からの作業で承諾いたたき作業になりました。

家財の量は、2台ほどで3時間程度の作業でしたが、冬の時期で電作業を開始して間もなく、暗くなり、部屋は、電気が切られていて作業に支障が出るようになり。明かりをとるためにトラックのヘッドライトを使っていました。すると、裏に住んでいる大家さんが、見かねて持っている投光器とドラムケーブルで大家さんから明かりをいただきました。9時近くになり、作業を終了となり、お客さまに確認していただき終えることができました。

【事例】川崎市の家財処分は、2階ベランダから、家財を下した例外作業でした

川崎市の家財処分は、危篤で特急のご依頼でした

川崎市に住んでいる生活保護を受給している親の家財処分でした。今回は、親が危篤状態で少しでも早く家財を処分してほしいということでした。こちらも忙しいため、無理して受けなくてもと内心しておりしたが、仕事が早く終わったため、息子さんと時間調整が取れたので、や夕方に現場で待ち合わせいたしました。

現地は、団地で2階のお部屋です。家財の量は、2トントラックで3.5台相当です。料金は、38万円でその場で見積りを作成しました。息子さんから、お話を聞くと、今回は、危篤状態で見積りは、2社でよいと担当のケースワーカーさんから言われたとのことです。決裁が下りたら、すぐに片付けてほしいということでしたが、内でやることになったら、仕事立て込んでいるので、ちょっと大変と思っていましだ。

すると、2日後に息子さんから、「御社でお願いすることで決裁された」との連絡がきました。決裁下りた以上見積もりを出した責任もあり、3日で作業を終えることでとりかかりました。本来は、3日もかからないで片付けることも可能でしたが、トラックが一台しか回せないからでした。

トラックも少なく、スタッフにも余裕がありませんでした。何とか早く終わらせたいと考え、取った策が、2階の窓から、下にトラックを付けておろすことでした。ちょうど窓の下にトラックを付けることができる珍しい構造でした。

私たちよりつわもの業者さんがいました

下ろすのは、すべての家財でなく、布団、衣類、家具類で割れ飛び散らない物を選びました。その上、下の階の方に承諾を受けるためにご挨拶をしたら、快く承諾され、下の住人の方から、以前3階の部屋の片付けの時には、3階窓から。ゴミを投げて片付けていたと。さすが、私たちでは、思いもつかない、驚く作業です。

この窓から、下ろすことで無事約束した時間で終了できました。

多くご利用いただいている市区町村の家財処分

板橋区東村山市所沢市新座市志木市西東京市川越市坂戸市富士見市・ふじみ野市小平市東久留米市春日部市越谷市・草加市・川口市・東松山市川崎市・座間市・横浜市松戸市さいたま市(岩槻区/浦和区/大宮区/北区/桜区/中央区/西区/緑区/南区/見沼区)・杉並区・豊島区・荒川区北区練馬区葛飾区府中市東大和市などに参加し、お仕事を行っています。

お見積りのご依頼は、「生活保護の家財処分見積り」とお伝えいただくと、スムーズ進みます。
各市区町村からご依頼いただいた家財処分の事例は、こちらでご覧いただけます。

会社・店舗案内

(屋号)片付け屋ライフサービス&家財整理Dcy

お問合せは、全店共通で048-443-6655でお受けしています
運営|一般社団法人家財整理センター
【首都圏本部】東京都北区赤羽1-7-9 赤羽第一葉山ビル4階
【本店】埼玉県入間市上藤沢881-1
【営業基地】
お近くの基地よりお伺い
入間本店・北区首都圏本部・所沢店・板橋店・川口店・さいたま店・練馬店・市川店・松戸店・桶川店・横浜店